FLOWER FACTORY ASSOCIATION
プリザーブドフラワーディプロマコース

プリザーブドフラワーの世界で活躍!

初級・中級・上級 計15回のレッスンに、プリザーブドフラワーに必要な技術を盛り込みました。
少ないレッスンの中でしっかりと技術が身につけられます。使用する花材や道具は全てセットされています。また、ディプロマ発行代、会員費など一切かかりません。短期間・低コストで資格取得までサポート致します。

【初級】5単位/全5回 ¥45,000(税抜)

アレンジメント

アレンジメントの基本となるテクニックを学びます。

【中級】4単位/全5回 ¥60,000(税抜)

アレンジメント

ローズの開花方法をはじめ、ブライダルに役立つテクニックを学びます。

【上級】4単位/全5回 ¥57,000(税抜)

アレンジメント

メリア・ストラクチャーを学びます。

※初回終了後、2級対策講座の受講ができます。(希望者) ※上級ディプロマ取得者は2級免除対象

ディプロマ取得後

オリジナルの教室を開講できる
ご自身でお考えになった作品のお教室を開講できます。
またお教室だけではなく、販売など仕事の幅が広がります。
ブラウン会員の入会優遇
Flower Factoryの御取引制度、ブラウン会員にご登録頂け、入会時の入会金¥5,000が免除されます。(カード発行費税抜き¥500・入会金¥5,000)但し、入会条件・規約はブラウン会員規約に準じます。
プリザーブドフラワー全国協議会技能検定 免除事項
  • 2級受験免除 FF協会は協議会正会員の為、ディプロマ取得者は1級から受験できます。
  • 試験対策講座講師登録料 年間3万円免除!!上記同様当協会のディプロマ取得者は1級合格後の講師登録料が免除となります!!※準会員登録料1万円/年間別途。
Flower Factoryディプロマコースの講師登録
全国協議会が開催しているプリザーブドフラワー全国協議会技能検定1級の取得者のみ、ディプロマコースを教えるFFA認定講師になることができます。
しかもFFA認定講師になると材料はセットされている為自分で揃える手間や花材が余ってしまうなどの余計なコストがかかりません。
Flower Factory 協会
  • 代表理事 / 牧野 志保
  • 理事 / 小泉 昌代、川内 貴美子、 吉田 洋子、 小山 道子、 門脇 美穂、 藤井 ますみ
  • 事務局 / 大村 美希子 (連絡先TEL:054-287-5577)

PRESERVED FROWER COUNCIL JAPAN
プリザーブドフラワー全国協議会技能検定

プリザーブドフラワー全国協議会技能検定(通称:プリ検)は、一般社団法人プリザーブドフラワー全国協議会が開催しているプリザーブドフラワーの検定です。

プリザーブド全国協議会技能検定 対策講座

受講資格

1級対策講座はFFA上級ディプロマ取得者もしくはそれと同等の技術をお持ちの方が対象になります。

2級対策講座
2級対策講座<

¥21,000(税抜)
※花材費¥16,000 レッスン費¥5,000/2時間含む

  • ワイヤリング(2時間)
  • アレンジ(2時間)
  • 筆記試験対策模擬問題

※FFA上級ディプロマ取得者は2級免除対象、2級対策講座は希望者のみ受講。

次へ
1級対策講座
1級対策講座

¥27,500(税抜)
※花材費¥20,000 レッスン費¥7,500/3時間含む

  • ワイヤリング(3時間)
  • 組み立て(3時間)
  • 筆記試験対策模擬問題
次へ
検定試験1級
検定試験1級

受験料 ¥35,000(税抜) 
※検定用資材・花材代・合格証代含む

実技 120分 / 筆記60分

NATIONAL CERTIFICATION
国家検定 フラワー装飾技能検定3級受験対策

フラワーデザインに関する国家資格

2級・3球の合格者には静岡県知事名の合格証書が交付されます。

  • 一般受験者 F実技+学科 ¥21,000(非課税)
  • 受験日 7月(毎年)日にちは異なります。
  • 2018年2月25日(日) 18:30~20:00 受講生募集中

AIFD
(AMERICAN INSTITUTE OF FLORAL DESIGNERS)

全米フラワーデザイナー協会

世界で通用するフラワーデザイナーへ

AIFD(AMERICAN INSTITUTE OF FLORAL DESIGNERS)は、アメリカのフラワーデザイナー協会です。世界で通用するフラワーデザイナーの認定資格として、認められています。

現地での試験対策レッスンを行います。

WRAPPING SEMINAR
企業向けラッピングセミナー

Seminar1.業種別ラッピング

午前・午後各2時間(昼休憩除く)

  • 基本の包み方(完全包装・合わせ包み)
  • リボンワーク
  • 熨斗紙の使い分け
  • 色の基礎知識

Seminar2.ラッピング検定

2時間

  • 色の基礎知識
  • 色の感情効果
  • フォーシーズン
  • ディスプレイ構成の基本

2種類のコースが基本ですが、この他にもご要望に応じて店頭POP講座、ディスプレイ講座など講習内容がございます。また講習内容や、生徒さんのスキルにより異なりますが、午前・午後どちらか2時間のみでもご対応いたします。

講師
小泉 昌代(ギフトラッピングアート認定講師・商業ラッピング協会認定講師)
アシスタント 山岸春香
講習費
2時間 4万円 材料費別途(講習人数・内容によって異なる)
会場
弊社2F/依頼地出張 出張費別途請求
人数
5名~ ※弊社2Fで講習の場合人数要相談
小泉 昌代 プロフィール

ギフトラッピングアート認定講師・AFT色彩コーディネーター(文部省認定)・W.A.B(ウィメンズ.アカデミー.オブ.ビネス)カラーアナリスト、W.A.Bイメージアナリスト、プリ1級、ラッピング講師、CFD等の資格を保有。

静岡市出身。
1983年 (株)牧野製袋入社。1984年ラッピングショップマキノ初代店長就任。
1992年 静岡新聞社SBS学園 ラッピング講座講師就任。
2000年 ラッピングショップマキノ改め、パッケージプラザ店舗課長就任。
2004年 学校法人鈴木学園 中央調理製菓専門学校静岡校ラッピング教授就任
2008年 パッケージプラザ店舗部長就任。
2010年 商業ラッピング協会認定講師
2010年 厚生労働省国家検定1級フラワー装飾技能士資格取得。
2011年 フラワー装飾職業訓練指導員免許取得。
2017年 全米フラワーデザイナー協会AIFD資格取得

【実績】
鈴木学園教授/静岡デザイン専門学校/ルネサンスデザインアカデミー/大原ビジネス学校/静岡商工会議所/清水商工会議所/経済連/タカラエムシー/シルバー人材/丸井静岡店/パルシェ静岡店/伊勢丹静岡店/遠鉄ストア/静鉄ストア/ユニ-各テナント/静岡服飾美容専門学校

BUSINESS WRAPPING
商業ラッピング検定

一日講習 商業ラッピング検定3級のための基礎コース(参加人数10名様以上)

時間
AM 10:30 ~ PM 15:30(休憩1時間)
受講料
1名 ¥8,000
テキスト代
1冊 ¥1,200 ラッピングテキスト 3級検定(2005年3月発行版) 商業ラッピング協会発行
内容
3級検定の内容を総合的に実習いたします。
持ち物
ハサミ・カッターナイフ・15mmセロテープ・ホッチキス・筆記用具
検定受験料
¥3,000 (参加人数が10名を超えれば曲金2Fにて試験。10名以下の場合、試験会場は東京になります。)

3級テキスト・教則本内容

【3級で説明する知識・技術】
1.目標
商業ラッピングの知識を有し、慶弔贈答の基本的な包装ができる
2.求められる知識
①包装の文化の歴史
②しきたりの基礎知識
・水引、のし紙、金封の基礎知識
③ギフトラッピングの基礎知識
・包み方とリボンがけ、結び方について
3.求められる技術
①包装の基本技術
・箱を組み立てることができる
・適切な大きさの包装紙とのし紙を選び、祝儀・不祝儀の包装ができる
②基本包みの技術
・合わせ包みの基本ができる
・斜め包みの基本ができる
・びん包みの基本ができる
③基本リボンの技術
・蝶結びを結ぶことができる

商業ラッピング協会の沿革

2001年5月、株式会社シモジマ・下島淳延氏、学校法人東京日新学園・恒吉克章氏、株式会社船井総合研究所・船井幸雄氏の3名が発起人となって発足しました。
そして、株式会社赤城、王子製紙株式会社、株式会社ストアーズ社、株式会社包む、積水化学工業株式会社、東洋インキ製造株式会社、東京リボン株式会社が協賛企業として協力していただいております。 ※(氏名、会社名の記入は五十音順です)
2009年(平成21年)12月1日当協会は一般社団法人商業ラッピング協会として東京法務局より認証をうけました。

商業ラッピング協会の目的

日本の流通業界の中で、顧客サービスの充実が発展へのパスポートと言われてからすでに何年かが過ぎています。お客様の満足度を高める顧客サービスの内容を考える時、忘れてならないものにギフトラッピングサービスがあります。それは、接客の一環として、また他店との差別化として、重要な位置付けがされている顧客サービスのひとつです。さらに、お客様の贈る気持ちを具現化し商品を演出するギフトラッピングの手法は、消費者の購買意欲を高め、商業の活性化に貢献してきています。しかし、現状において、そのラッピングサービスを実践している企業の 数は多くありません。良いとわかっているものが実践されないのは何故なのでしょうか。

企業の経営層には、概念としてギフトラッピングの必要性は理解されているもののその重要性は情報が不足していることから正しく認識されていません。ましてや実務責任者においては、ギフトラッピングサービスの実践に必要な情報が非常に少ないこともあり、その方法も効果も正しく理解されていないのが現実です。さらに今までのラッピングは、趣味、手芸に根ざしたところで展開されているものがほとんどで、ビジネスに活用できる体系的なものがありませんでした。若い女性を中心にラッピングに対する興味が広がっている一方で、ビジネスの現場で実際にギ フトラッピングサービスの実施しようとした場合、何をどうすればよいかがわからないのが現状です。つまり、どんな技術を持った誰に、どんな資材を使って、どんな仕事をさせれば良いかがわからない、そのことに理由はあったといえます。

この様な現状においては、顧客サービスの一環としてのギフトラッピングサービスが正しく理解され、そしてその手法がビジネスで使えるように体系化され、企業のシステムの中に組み込める技術として、標準化されることが必要です。商業ラッピングは、この標準化されたシステムとして、顧客満足を高め、企業の販売活動に貢献する目的を持っています。